レストランからのお知らせ

2009年11月 6日 (金)

HPが完成しました!

大変長らくお待たせいたしました。

今回レストランのHPがめでたくupしました

ご協力いただきました皆さまありがとうございます。

こちらのブログは今日で終わりになりますが、HP内のNews&Blog 引き続きますので

ぜひ皆さま末永くよろしくお願いいたします。

こちらのページでは新メニューの情報やご紹介いただいたメディア情報など、

ルグドゥノムの旬を皆さまにいち早くお届けできるよう、更新していきたいと思いますので

みなさまもまめに訪問してくださいね。お待ちしております。

これからもよろしくお願いいたします。

トップページ       http://www.lyondelyon.com/index.php  

ニュース&ブログ    http://www.lyondelyon.com/blog/

|

2009年5月14日 (木)

ご無沙汰しております。

 3月末からお花見の季節となり、あわただしい日々が過ぎていくうちにゴールデンウィークに突入したルグドゥノムでした。いつも来ていただいているゲストの方々、はじめてご来店いただいた方々ありがとうございます。

 最近ブログの更新もないとお叱りの声があるのは十分わかっていますが、実は今、ホームページを作成中です。一昨年、オープンに向けて内装品をすべてフランスから調達したオーナーのこだわりがこのホームページの作成にもかなり出ています。もちろんフランスの写真は、オーナー自ら探し出したフランス人写真家に依頼して取り寄せたものの中から、厳選したものばかり。 みなさま、楽しみにお待ちください。

 お皿のほうも4月から新メニューに変わりましが、おかげさまでご好評いただいております。ディナーは今までのアラカルトの他に、コースが登場しました。こちらはお客様からの声を反映し、ブションが初めてのお客様でも十分に楽しんでいただけるよう、いうなれば道しるべのようなものです。

 コースは2つ。リヨンの伝統料理を中心に、前菜&メイン(3850円)または前菜&メイン&デザート(4850円)からそれぞれ1皿づつお選びいただく、基本的にランチと同じシステムになっています。ここで重要なポイントがひとつ!先ほども道しるべと書きましたがその意味をご説明します。じつは、コースに記されていないアラカルトからのお料理もお選びいただけるのです。ご注文の際にはぜひ、コースで」と一言おっしゃってください。アラカルトよりお得になっています。

 リピータの方の中には前菜&メイン&デザートのコースにスープを加えられる方、前菜&メインのコースにチーズを加えられる方がいらっしゃいます。そしてもちろんアラカルトでお楽しみになる方も。初めてのお客様では、とりあえず前菜&メインのコースをお選びになり、メインの後に「やはりデザートも」とご注文くださる方が多いようです。皆様がブションの本来あるべき『料理とともにおいしいひと時を過ごす』ということを楽しんでいただいてる表れだとスタッフ一同大変うれしく思っております。

|

2009年2月 3日 (火)

ピエール・フェロー スペシャルディナー

Ferraud_fervrier_2009_5

この度、フランス・ブルゴーニュ・ボージョレーよりPIERRE FERRAUDの当主であるイヴ・ドミニク・フェロー氏が来日します。

ルグドゥノムではイヴ・ドミニク・フェロー氏を囲んで

40名さま限定のスペシャルディナーを予定しております。

 

   2009/2/24(火) 1900より

   料金 :おひとり様  8,500円

「ferraud_fils_special_dinner.pdf」をダウンロード

      

ピエール・フェロー社は1882年創業という歴史を誇る名門です。家族経営による蔵元で、現在は5代目当主イヴ・ドミニク・フェローがその伝統を受け継いでいます。

ピエール・フェロー社はフィルベルト・フェローによって設立され、2代目のトニーの時代には樽に詰められたワインを川で運び、貨車に載せられてリヨンやパリに出荷されるようになりました。3代目のアントニーの時代にはトラックや馬車でパリに運ばれ、重要なビジネスの基を築くことになりました。アントニーはボージョレ―のワインをパリに広げたパイオニアとして一時代を画した人物でもあったのです。また、このアントニーは第二次世界大戦中、ベルヴィユに市長となり、市を守ることに全身を傾けた事でも知られています。しかしこの時期、ワインの生産は衰退せざるを得なかったのですが、戦後アントニーを助け、現在のフェロー社の基を築いたのが4代目のピエール・フェロー氏、ドミニクの父君です。

土壌とぶどう品種の個性を最大限生かしながらワインを完成していく事をモットーとしています。瓶詰めは最新テクノロジーを駆使していますが、それ以外は昔からの伝統を守りつづけ、今でもオークの大樽による熟成を行っています。

              

Yves_dominique_ferraud        

ぜひ、この貴重なスペシャルディナーに。

席数に限りがございますのでお早目のご予約を。

皆様のご予約、ご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

ご予約、お問い合わせは

レストラン ルグドゥノム ブション リヨネ

新宿区神楽坂4-3-7

TEL&FAX 03-6426-1201

info@lyondelyon.com

 

   

|

2009年1月25日 (日)

ティエリー マークス氏、突然の来店!

 フランスから来日中のティエリー マークス氏が突然、ディナーに来店! 素敵な夜になりました。  ティエリー マークス氏はフランス料理界のグランドシェフの一人です。ボルドー地方にあるミシュランの二つ星レストランのシェフです。

 近々フランスへ行く予定のある方はぜひ 『シャトー・コルデイヤン・バージュ(Chateau Cordeillan-Bages)』 のレストランにご予約を。もちろんその前にリヨンに立ち寄ることを忘れずに!!

  食いしん坊たちの友情に乾杯!

 フランスのメディアはティエリー氏がハリウッド俳優のブルース ウィリス似だと言っていますが!?

Christophethierry_marx_2

Château Cordeillan-Bages

Route des Châteaux 33250 Pauillac

Tel : +33(0)5 56 59 24 24 Fax : +33(0)5 56 59 01 89

|

2009年1月16日 (金)

TBS の取材がありました。

005

 『あすのそら色』という天気予報の番組です。

 神楽坂の横丁の紹介ということで、わが本多横丁がでます。

 今回は料理のことではなく、神楽坂の魅力について。

 雑誌の取材には慣れているもののテレビの取材ということで、シェフも少し緊張した様子。                   

さて、ここで気づかれた方008もいらっしゃるのでは。シェフの顔にご注目!

「シェフが若返った。」も正解ですが、大正解は?

ぜひ、オンエアーをご覧ください。

1月18日(日) 17時55分~ TBS あすのそら色

http://blog.livedoor.jp/ymotojun/

010006

|

2009年1月 4日 (日)

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

新年の営業はあさって6日からとなります。

皆さまのお越しをスタッフ一同、お待ちしております。

|

2008年12月30日 (火)

今年も残るは明日だけですね・・・

Lugdunum_coq 今日の夜、というよりも明日の早朝、お節料理の出荷をもちまして、lugdunum今年の仕事が終了となります。

一年間ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同、皆さまのご健康とご多幸をお祈りし、来年1月6日からまた皆さまにお会いできますことを心よりお待ちしております。

|

2008年12月26日 (金)

皆様ありがとうございました。

Lugdunum というわけで、今日のディナーを持ちまして、lugdunumの今年の営業を終了いたします。皆様の温かいお心遣い本当にありがとうございます。

オープン以来、多々至らぬ点があったかと思います、来年は皆様にご迷惑をかけることなく、さらにお楽しみいただけるよう精進してまいります。今後とも、末永いご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

新年は6日火曜日ランチから営業を再開いたします。皆様のお越しを心待ちにしております。

さて、明日からお節料理準備に取り掛かります。スタッフは今年は30日まで、新年は5日からレストランにおります。ご予約・ご要望などございましたらお気軽にご連絡をいただけますでしょうか。もちろん、今年ぎりぎりまでブログは更新してまいります。

末筆となりましたが、皆様のご健康とご多幸をスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。ボナネ!

|

2008年11月27日 (木)

eatpiaさんにお願いいたしました。

Eatpia_blog

知る人ぞ知る、グルメサイト「eatpia」さんにお願いをしてlugdunum情報を紹介することとなりました。私めの、くだらない内容に辟易としていたかたには、まさに朗報!お待たせいたしました。

http://www.eatpia.com/

ぜひ、ご覧下さい!はっきりと実感できるのは、プロとアマの差ですね・・・なんて素晴らしい写真なのでしょうか・・・そして、なんて心に残る文面なのでしょうか・・・eatpiaさんはプロとはいえ・・・感服いたしました。

心の奥にうったえかかるような文章を書けるよう日々精進いたします。え?おいおい本業は別だろ・・・そんな声が遠くから・・・

|

2008年11月23日 (日)

クリスマスメニューの訂正です

皆様、大変申し訳ありません。クリスメスメニューに関して訂正がございます。

メニューの中で、一品入力を忘れてしまいました。前回の内容は変更いたしました。再度ご覧いただいてもよろしいでしょうか。再度入力したお料理は「スズキのポワレ」です。全てで5品にコーヒー、金額は変わらずお一人様8,500円です。

私の確認不足のため、皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした。

クリスマス、いやいつでも!お待ちしております。

|