« TBS の取材がありました。 | トップページ | ティエリー マークス氏、突然の来店! »

2009年1月20日 (火)

山羊のチーズ『リゴット ドゥ コンドリュー』

「リゴット ドゥ コンドリュー」がフランスで45個目のA.O.C(原産地統制名称)を獲得したチーズになりました。

   Rigotte_de_condrieu_2

生産地はリヨンの南西に位置するモネ山のふもとです。

19世紀以来、この山羊のチーズは名前に「コンドリュー」という商業都市名を付けています。

この時代から「リゴット ドゥ コンドリュー」はヤギのミルクからできた小さいサイズのものと定義されてきました。そして20世紀にその評判が定着したのです。

「リゴット ドゥ コンドリュー」はヤギのミルクからできたノンプレスタイプのソフトチーズです。手作業で作られているため、しっかりかつ滑らかな質感があります。

最短の熟成期間の8日後、直径425cm、高さ1924cmの小さな円筒形になります。

表面はアナトーという天然色素(熱帯アメリカの低木の種子からとれる)で着色されますが、少しずつアイボリーや白または青色をしたカビに覆われていきます。内側は白~アイボリー色をしていて、締まっていて滑らかな状態です。脂肪分は約40%です。

味は山羊のフレッシュチーズ特有のさわやかな酸味があり、軽めです。ちょうど手ごろなサイズで、ひとりでも飽きることなく食べきれる量になっているのも人気の秘密のようです。

ルグドゥノムでも近々メニューに登場しますので、楽しみにしていてください。

Bon Appétit !!

ボナ ぺティ!!

Rigotte_de_condrieu200901_2

|

« TBS の取材がありました。 | トップページ | ティエリー マークス氏、突然の来店! »

料理」カテゴリの記事