« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年2月

2009年2月18日 (水)

服部栄養専門学校でデモンストレーションをしました。

  2月3日にルグドゥノムのオーナー、クリストフ ポコが服部栄養専門学校でデモンストレーションを行いました。

メニュー

     フォアグラのポワレ  山ウドのフォンダン 甘夏のかおり

   ポタージュ・サンジェルマン

   牛フィレのトゥルヌド アンリ四世風 ポンヌフポテト ベルネーズソース

ルグドゥノムのメニューとは違い、フランス料理のクラシックです。      

何度かお邪魔していますが、いつも通り生徒の皆さんがとても熱心なので、シェフも気合いが入ります。    

デモンストレーション後、生徒の皆さんが実際に作りました。

一見、簡単そうなベルネーズソースに苦戦された方も、このブログをご覧の皆さんもぜひ一度作ってみてください。

   材料

  • 白ワインビネガー 80cc
  • 白ワイン  80cc
  • エシャロット  100g
  • エストラゴン  1/2束
  • チャービル  1/2束
  • 潰しこしょう  少々
  • 卵黄  4個分
  • バター  250g
  • 水    少々
  • エストラゴン  1/2束
  • チャービル  1/2束

 作り方

  1. 白ワインビネガーワインエシャロット、ハーブ、こしょうを加え小さい鍋でゆっくり煮詰める。
  2. 澄ましバターをつくる。
  3. 卵黄に1と大匙2を加え、60度の湯せんにかけ、泡だて器でよく攪拌する。ボリュームが出てくるまでよく混ぜる。
  4. 3に2のバターを少しずつ加えてまぜる。
  5. 4を漉しきにかけ、みじん切りにしたハーブを加え、塩、こしょうで味を調える。こしょうを多めにするとアクセントになります。

料理好きの方はマヨネーズの作り方に似てるとお気づきかと思います。

マヨネーズは冷たい状態で、このベルネーズソースは温かい状態で作るところが大きな違いです。

肉や魚のグリルに添えるといつもと違った一皿になりますよ。

145623

|

2009年2月 3日 (火)

ピエール・フェロー スペシャルディナー

Ferraud_fervrier_2009_5

この度、フランス・ブルゴーニュ・ボージョレーよりPIERRE FERRAUDの当主であるイヴ・ドミニク・フェロー氏が来日します。

ルグドゥノムではイヴ・ドミニク・フェロー氏を囲んで

40名さま限定のスペシャルディナーを予定しております。

 

   2009/2/24(火) 1900より

   料金 :おひとり様  8,500円

「ferraud_fils_special_dinner.pdf」をダウンロード

      

ピエール・フェロー社は1882年創業という歴史を誇る名門です。家族経営による蔵元で、現在は5代目当主イヴ・ドミニク・フェローがその伝統を受け継いでいます。

ピエール・フェロー社はフィルベルト・フェローによって設立され、2代目のトニーの時代には樽に詰められたワインを川で運び、貨車に載せられてリヨンやパリに出荷されるようになりました。3代目のアントニーの時代にはトラックや馬車でパリに運ばれ、重要なビジネスの基を築くことになりました。アントニーはボージョレ―のワインをパリに広げたパイオニアとして一時代を画した人物でもあったのです。また、このアントニーは第二次世界大戦中、ベルヴィユに市長となり、市を守ることに全身を傾けた事でも知られています。しかしこの時期、ワインの生産は衰退せざるを得なかったのですが、戦後アントニーを助け、現在のフェロー社の基を築いたのが4代目のピエール・フェロー氏、ドミニクの父君です。

土壌とぶどう品種の個性を最大限生かしながらワインを完成していく事をモットーとしています。瓶詰めは最新テクノロジーを駆使していますが、それ以外は昔からの伝統を守りつづけ、今でもオークの大樽による熟成を行っています。

              

Yves_dominique_ferraud        

ぜひ、この貴重なスペシャルディナーに。

席数に限りがございますのでお早目のご予約を。

皆様のご予約、ご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

ご予約、お問い合わせは

レストラン ルグドゥノム ブション リヨネ

新宿区神楽坂4-3-7

TEL&FAX 03-6426-1201

info@lyondelyon.com

 

   

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »